50歳以上の求人を探すために

(1)本気で転職を考えている50歳以上は今がまさにそのタイミング!

転職市場は今、大きく売り手市場に傾いています。完全失業率は2月に3.6%まで下がったのをきっかけに、全国的に見ても、有効求人倍率は1倍を超えています。人材を求める会社の数は増え続けて、50歳以上の転職希望者にとっても確実に門は広くなりつつあるのです。
サービス業の賃金がかなり上がったことはニュースでご存じの方も多いと思いますが、小売や流通といった業種でも労働者の時給はうなぎのぼりに上がり続けていて、仕事をこなすのに最低限必要な人材を確保するのに四苦八苦している会社もちらほら。50歳の転職希望者には今が最大のチャンス!!なのです。

 

(2)50歳以上だからといって不利な部分は想像以上に少ない!

“年齢の壁”を気にする男女が多いですが、中高年の転職市場そのものが拡大し続けているのを実感している人は多いでしょう。
以前よりもずっと職探しを始める中高年の数が増えて、採用される50歳以上の人の数も激増中なのです。
転職サイトへは3社以上に登録をして、毎日送られてくる求人メールにはこまめに目を通すようにしましょう。応募書類は出来るだけ何度も見直し、自分がやる気がある労働者であることが相手にすぐに伝わるような書面を目指しましょう。
面接官は50歳以上を採用するに当たって、「この人は50歳以上だが、若い社員達とうまくやっていけるだろうか?」という点を気にします。面接で必ず質問されますので、あらかじめ答えを作成しておきましょう。

 

(3)削れる条件は削ると視野が広がる

転職をするに当たって自分がこだわりたい条件をリストアップして、その中で特にどうしても譲れない点だけを確認してみましょう。収入、勤務地、仕事内容、拘束時間帯、その他・・・削ってもよい条件は削って、再び仕事を検索してみると、自分が受けることができる会社の数が増えることが多いです。
単に「収入アップしたい」だけではなく、具体的に毎月(あるいは毎年)何万円くらいのお金を最低でも稼がなければならないとか、こだわり条件はなるべく具体的につきつめて考えてみましょう。
「どうしても○○県でなければ出来ない仕事」はそんなに多くないはずです。転職サイトで検索する際に「転勤可」にすれば応募可能な会社の数は数倍になるはずです。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職活動の効率を上げるリクナビNEXTだけの会員限定機能

 

更新履歴